TOP > ブログ > 自己破産の免責審尋は、同じ日時にたくさんの人が呼ばれて行われるのですか?

ブログ

自己破産の免責審尋は、同じ日時にたくさんの人が呼ばれて行われるのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

プロ野球日本ハムに移籍した大田選手が来期年俸4300万円で契約更改したとのことですね。今年の年俸から倍増という良い評価でした。

 

確かに巨人時代のホームラン数は1年で越えてしまいましたし、規定打席にも到達しましたから、レギュラー格の選手になりましたもんね。

 

トリプルスリーも狙えるバッターですから、ぜひ来シーズンはそのあたりを目標に頑張ってほしいと応援しております。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産の免責審尋は、同じ日時にたくさんの人が呼ばれて行われるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「裁判所の運用によります。」

 

です。

 

自己破産の手続の中で、最後に行われるのが免責審尋ですね。

 

債権者の自己破産に対する意見が出揃って、特に免責不許可相当の意見が出ていなければ、裁判官からの確認や今後に向けた説諭などが行われる機会であるとされています。

 

この免責審尋ですが、同じ日時に同じ場所にたくさんの人が集められて、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.