TOP > ブログ > 自己破産の借入事情は事細かに裏付け資料が必要ですか?

ブログ

自己破産の借入事情は事細かに裏付け資料が必要ですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

プロ野球巨人は昨日の試合で広島に大勝し、連敗を6で止めましたね。

 

エース菅野投手も開幕からの連敗を2で止めました。

 

エースが好投して打線も大量得点ということでいい勝ち方をしたと思いますから、ここからまた仕切り直しで頑張ってほしいですね。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産の借入事情は事細かに裏付け資料が必要ですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「資料があれば提出すると信ぴょう性が増すので、出来る限りご用意ください。」

 

です。

 

 

自己破産の際には、借入事情を申立書に書いて裁判所に提出することになるのですが、この借入事情は自己破産の目標である免責を得られるか否かの判断をするための重要な要素ですので、出来る限り細かく書く必要がありますね。

 

例えば、「生活費が足りなかった」「上司同僚との付き合いで

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.