TOP > ブログ > 自己破産をする際には、生活費を極限まで切り詰めないと認められないのですか?

ブログ

自己破産をする際には、生活費を極限まで切り詰めないと認められないのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、サッカー日本代表の監督を森保一コーチにオファーするとのことですね。

 

東京に向けたオリンピック代表監督もされていますから、トルシエ以来の兼任監督ということになりますが、メリットデメリットありそうですよね。

 

果たしてこの案が実現するのか、引き続き注目していたいですね。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産をする際には、生活費を極限まで切り詰めないと認められないのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「もちろん、生活水準を収入の範囲内に収めることは大事ですが、無理をして切り詰めなければならないということではありません。」

 

です。

 

 

自己破産のお手続の際に、自分でも自己破産の申立をすれば認められるのかということをご心配しておられる方の中には、人並みの生活をしていると自己破産が認められないのではないかということをご心配しておられる方もいらっしゃいますね。

 

生活費は1日いくらまで、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.