TOP > ブログ > 最後の返済から5年以上経過している場合でも、債権者から訴えられることはあるのですか?

ブログ

最後の返済から5年以上経過している場合でも、債権者から訴えられることはあるのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

一般的には明日からお盆休みという方が多いように思いますので、今日まで気合を入れてお仕事、ということになりそうですね。

 

当事務所は今年もお盆は毎日ご相談をお受けしているのですが、今年は意外と結構な量の予定が入ってしまっておりますので、お盆期間を利用してご相談を検討しておられる方はお早めにご予約頂けるとありがたく思います。

 

 

さて、債務整理についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「最後の返済から5年以上経過している場合でも、債権者から訴えられることはあるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「あります。」

 

です。

 

 

ネットの情報を少し調べて頂いた方であれば、世の中には消滅時効の制度がある、ということにお気づきになったことと思います。

 

消滅時効というのは、一定期間、権利の行使をしなかった場合は、その権利が失われるという制度でして、貸金の場合は、原則として期限の利益を失った日から5年が経過すると、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.