TOP > ブログ > 個人再生の場合に、生命保険の契約者貸付を使っていると保険会社も債権者になるのですか?

ブログ

個人再生の場合に、生命保険の契約者貸付を使っていると保険会社も債権者になるのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、元ブラジル代表のロベルト・カルロス選手が、フットサルのFリーグで現役復帰をされるそうですね。

 

リーグ選抜チームの一員として出場するとのことです。

 

45歳になったとはいえ、フットサルの至近距離であの左足がさく裂したら怖そうですね。。

 

Fリーグの公式サイトを見ると、立川・府中のチームもあるようですので、Fリーグにも注目してみようと思います。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生の場合に、生命保険の契約者貸付を使っていると保険会社も債権者になるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「実務上の取り扱いでは、債権者にはなりません。」

 

です。

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.