TOP > ブログ > 個人再生手続中は手持ち現金を持たずに口座で全て管理しなければならないのですか?

ブログ

個人再生手続中は手持ち現金を持たずに口座で全て管理しなければならないのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

プロ野球巨人の杉内投手が現役引退を発表されましたね。

 

年齢的にそうなるのですが、今年は松坂世代の引退のニュースが目立っています。

 

世代のアイコン、松坂投手は来年も中日に残留間違いなしと言われていますが、投手陣のライバルの一人である杉内投手の引退はさみしいですね。

 

巨人の18番が空くわけですが、桑田さんから杉内投手までの間も6年空いていたとのことですから、また18番にふさわしいピッチャーに付けてほしいですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生手続中は手持ち現金を持たずに口座で全て管理しなければならないのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「という決まりはありませんが、出来る限りそうした方が楽な部分もあります。」

 

です。

 

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.