TOP > ブログ > 自己破産の際に、裁判所は金融機関へ預金の有無の問い合わせをするのですか?

ブログ

自己破産の際に、裁判所は金融機関へ預金の有無の問い合わせをするのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

昨日は関東の広範囲でゲリラ豪雨が降ったそうでして、ちょうどその時間に外出していた方は大変だったようですね。

 

私が知る限り、立川は豪雨とまではいかなかったように思いますが、近年各地で発生しているゲリラ豪雨の脅威は恐ろしいですね。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産の際に、裁判所は金融機関へ預金の有無の問い合わせをするのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「基本的にはしません。」

 

です。

 

 

自己破産の際には、その時点でお持ちの預金については通帳を提出することになっていますね。

 

裁判所の運用にもよるものの、基本的には預金残高が20万円未満であれば預金は自己破産をしても処分されることはありませんので、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.