TOP > ブログ > 税金滞納のために家の差押を受けている場合でも家を残した個人再生は出来ますか?

ブログ

税金滞納のために家の差押を受けている場合でも家を残した個人再生は出来ますか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、プロ野球東北楽天の平石監督代行が来シーズンから監督に昇格するとのことですね。

 

最近は40代前半の監督も増えていますが、38歳松坂世代の監督誕生とは驚きです。

 

平石さんは、みんなが知ってる横浜対PLの試合の時のPLのキャプテンということも有名ですが、中学校、高校、大学でキャプテンを経験してプロ入りしたというキャプテンシーがある方ですね。

 

今季も監督代行になってから色々と試していましたし、来シーズンの采配にも期待できそうですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「税金滞納のために家の差押を受けている場合でも家を残した個人再生は出来ますか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「差押解除の目途が付けば大丈夫です。」

 

です。

 

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている

という場合、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.