TOP > ブログ > 自己破産の際には通帳の出入金を説明しなければならないのですか?

ブログ

自己破産の際には通帳の出入金を説明しなければならないのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

昨日、プロ野球のNPB AWARDSが開催され、今年のMVPは広島の丸選手と西武の山川選手になりましたね。

 

丸選手は2年連続MVPということで、広島の選手としては初の快挙だそうです。

 

果たして、丸選手は広島を離れるのか離れないのか、報道によると、今週中には決断が下されそうとのことですから引き続き注目していたいですね。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産の際には通帳の出入金を説明しなければならないのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「仰る通りです。」

 

です。

 

 

自己破産の際には、申立前2年間の通帳の出入金記録を裁判所に提出するという運用になっている裁判所がほとんどですね。

 

出入金記録とは、要するに通帳のことなので、2年前くらいからの通帳をマメに記帳していて、繰越前の通帳を捨てていないという方はそれをそのままお持ち頂ければ大丈夫です。

 

ここでなぜ裁判所に通帳を出すのかというと、裁判所がこれをチェックして、漏れている債権者はいないか、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.