TOP > ブログ > 破産管財人は日常生活も監視をしてくるのですか?

ブログ

破産管財人は日常生活も監視をしてくるのですか?

エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、メジャーリーグ、マリナーズはイチロー選手と1年のマイナー契約を結ぶことで合意したとのことですね。

 

3月に東京ドームで行われる開幕戦にはメジャー契約に切り替わり、ベンチ入りすることが濃厚となっているようですが、その後は果たしてどうなるのかにも注目が集まります。

 

それでも私は、45歳になっても現役でプレーできるイチロー選手を尊敬し感謝して、開幕戦をありがたく拝見することにします。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「破産管財人は日常生活も監視してくるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「毎日の行動を監視するということはありません。」

 

です。

 

 

自己破産に破産管財人が付くと、それだけで数十万円の費用がかかりますし、自己破産手続がとても大変なものになるというイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

 

確かに費用はかかるのですが、免責不許可事由がある恐れがある場合などは、

 

続きはこちらから

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.