TOP > コラム > 民事再生

コラム

民事再生

民事再生(個人再生)はこんなあなたにピッタリの手続です

・借入先はほとんど利息15%以下の銀行系カードローンや信販会社だ。
民事再生のお手続では、利息制限法による利息の再計算で減額しない場合も 借金の総額が5分の1程度に減額されます。
・借入総額が250万円を超えている。
負債総額が250万円以上の場合は、任意整理よりも民事再生の方が、今後 の支払が楽になることが多いので、今、任意整理を考えている方も民事再生 は検討に値するお手続です。
・住宅だけは何とか残してカードローンを整理したい。
民事再生では、住宅ローンは今まで通り支払ってマイホームを守り、カード ローンの借金を大幅に減額することができます。
・宅建主任者や保険募集人の仕事をしているので、自己破産はしたくない。
民事再生では、お手続き中もお手続き後もご相談者様に資格制限はありません。
今のお仕事を安心して続けられるお手続きです。

民事再生(個人再生)は、財産を守りつつ、債務の額を大幅に減額する手続です。

・司法書士に依頼した後はすぐに取り立てストップします。
ご依頼をお請けしたら、即日、債権者へ民事再生開始の連絡を致します。この連絡により、支払停止、取立もストップの効果があります。
・今後の支払額が大幅に減額されます。
原則として、今ある借金を5分の1にした金額を36回払いで返済すれば、残りの5分の4は免除されるというお手続きです。
民事再生をすると借金はどれくらい減るのか
・マイホームや生命保険などの財産を守ってお手続きできます。
民事再生は自己破産と違い、財産を処分されずに借金の一部免除を受けることができます。
清算価値保障原則
民事再生における住宅ローンの特例
・裁判所に民事再生の申立をするお手続きです。
ご都合のよろしい日に1回だけ平日の昼間に司法書士と一緒に裁判所へ行き、民事再生の申立の書類を提出します。
個人再生手続の詳しいご説明はこちらから。少し難解な説明もあるので事前に詳しく知りたいという方のみどうぞ。詳しくはご相談にお越し頂いた際にご案内致します。

 

個人再生手続きの詳しい説明
個人再生のメリット・デメリット
個人再生の流れ
個人再生のよくある質問
個人再生相談事例

 

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.