TOP > お知らせ > 自己破産の流れ

お知らせ

自己破産の流れ

自己破産の流れ

自己破産の手続は、裁判所の運用上、同時廃止手続と少額管財(個人管財)手続の2種類があります。

・同時廃止手続とは

20万円以上の財産をお持ちではなく、借入の理由も遊興費やギャンブル、事業資金が目立たない方であると裁判所が判断した場合に、基本的に書面審査のみで自己破産の手続を進めていく手続です。

同時廃止の流れへ

・少額管財(個人管財)手続とは

20万円以上の財産をお持ちであるか、借入の理由のほぼ全てが遊興費やギャンブル、事業資金の方であると裁判所が判断した場合に、裁判所が破産管財人を選任して進めていく手続です。
破産管財人は、申立人の20万円以上の財産にはどのようなものがあるのかを調査し、20万円以上の財産はお金に換価します。また、なぜ借金が増えてしまったのかを申立人との面談で聞き取り、今後の経済的再生の見込みを調査します。

少額管財(個人管財)の流れへ
少額管財(個人管財)について
自己破産コラムに戻る
Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.