TOP > お知らせ > 自己破産相談事例

お知らせ

自己破産相談事例

自己破産の相談事例をまとめました。

あなたと同じような悩みを抱えて債務整理のご相談にお越し頂いた方の解決の先例です。

ご自身の現在の借入状況や生活状況と照らし合わせてご相談前の不安解消の一助となれば幸いです。

・Aさんの事例 相談前450万円の借金が同時廃止手続でなくなりました。

Aさんは、大学を卒業してすぐ就職した会社を1年足らずで退職した頃から職を転々としており、無職のときの生活費などは消費者金融(モビット、アイフル、アコム)や信販会社(三菱UFJニコス、オリエントコーポレーション【オリコ】)から借入をして賄っていました。
それに加えて、恋人の誕生日には信販会社のカードのショッピング枠を利用して高額なプレゼントを渡したり、同僚と飲みに行った時もカード払いで奢ってしまうなど気前の良いところがあったAさんの借金は少しずつ大きくなり、次第に借りては返すという生活になってしまいました。
どのカードの利用枠も限度いっぱいになったところでご相談にお越しになったAさんは、司法書士と冷静に今の生活状況を確認し、自己破産をすることにしました。
両親にだけは借金のことで心配をかけたくなかったAさんですが、連絡がご両親に行くことはなく、滞りなく自己破産の手続を終了され、再出発を果たされました。

・Bさんの事例 住宅ローンを含めた相談前借金2500万円が個人管財手続でなくなりました。

Bさんはバブルの時に不動産業者に勧められて購入した一戸建てを持っていましたが、そのローンの支払が苦しくなり、毎月の給料やボーナスでは払えなくなってしまったところで、消費者金融(プロミス、武富士)や信販会社(エポスカード、クレディセゾン)などから借りて住宅ローンを支払っていました。
ところがそれもすぐに限度額に達してしまい、支払えなくなったところでご相談にお越しになりました。
Bさんの場合は、バブル期の高額な住宅ローンの支払が最大のネックであり、BさんもBさんのご家族も一戸建てにはこだわらないというご意見でしたので、思い切って自己破産をお勧め致しました。
家があるために個人管財手続になりましたが、破産管財人の先生の調査に誠実に協力したBさんは、比較的早く免責までたどり着き、再出発を果たされました。

・Cさんの事例 元夫の借入の保証人としての600万円の借金とカードローンが同時廃止手続でなくなりました。

Cさんは以前、自営業をしている方と結婚されていました。その時に元夫が運転資金の借入をすることになり、保証人が必要だということになりました。当時は共働きをしていたCさんが保証人になったのですが、その夫とも数年前に離婚しました。
離婚しても保証人の責任が残ることを知らなかったCさんは、元夫が支払えなくなったがために届くようになった債権者からの督促にびっくりしたものの、それでも払わなければと思い、消費者金融(シンキ、新生フィナンシャル【レイク】)や信販会社(アプラス、セゾンファンデックス)などから借入をして保証債務の返済をしていました。
支払に疲れてしまったCさんですが、なんとかしなければと思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。
借入理由が事業資金と言えそうなものの、Cさんは保証人であり事業には関係なかったということを詳細に裁判所に説明したところ、同時廃止手続で滞りなく手続が完了しました。

・Dさんの事例 会社の事業資金の借入1500万円が少額管財手続でなくなりました。

DさんはIT関連の仕事をしていた数年前、一念発起して自分の会社を立ち上げました。
手元に資金がなかったために、まずは運転資金として公的な借入をし、軌道に乗って来ると銀行からも借入をすることができました。
ところが、次第に競合他社が出現し、Dさんの会社の売上は伸び悩むようになってきたので、Dさんは審査がそれほど厳しくない消費者金融(アコム、アイフル、新生フィナンシャル【レイク】)などから借入をし、運転資金を賄っていたところ、取引先の1社が倒産してしまい、どうしても回収できないお金が出来てしまいました。
当てにしていた入金がなくなってしまったDさんは困り果てて初回のご相談にお越しになりました。

相談では、Dさんの仕事は個人事業でも出来ることや、もう少し規模を小さくしてもできることなどを話し合い、今の会社は自己破産で整理しようという方針を固めました。
会社の自己破産のため、少額管財手続になりましたが、Dさんは破産管財人の調査にも過去の帳簿をきちんと揃えるなど誠実に対処し、少し時間がかかったものの無事に破産手続を終えられました。

・Eさんの事例 法テラスの法律扶助を利用して自己破産手続をしました。

Eさんは、夫がなかなか生活費を家に入れてくれないので、自分で作った信販会社(エポスカード、クレディセゾン、アプラスなど)のカードでキャッシングをして生活費を捻出していました。
その返済分を賄うために掛け持ちでアルバイトをしていたのですが、体調を崩してしまいアルバイトは辞めることになってしまいました。
夫にはどうしても内緒で手続をしたいと仰ってEさんはご相談にいらっしゃったのですが、現在は無職なので司法書士の費用のことも大変心配されていました。
ご主人の大まかな御収入をお伺いしたところ、法律扶助の要件を満たしそうだったので、司法書士の費用は法律扶助に頼って申立をすることにしました。
書類の受け取りには毎回事務所に来て頂くなど、Eさんにもご協力頂くところはたくさんありましたが、無事に自己破産のお手続きを終了されました。

自己破産コラムへ戻る
Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.