TOP > お知らせ > 任意整理のメリット・デメリット

お知らせ

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

・司法書士に依頼後はすぐに取立が止まります。

・利息制限法に基づく利息の再計算で債務額が減額されます。

・今後のお支払についても将来利息は付きません。

・平日の昼間にお仕事を休まなくてもお手続できます。

・債務整理をしたくない借入先は、任意整理から除外してお手続きできます。

例1)車のローンは任意整理から除外して、車のローンを今まで通り支払い続けて、マイカーを手元に残せます。

例2)住宅ローンは任意整理から除外して、住宅ローンを今まで通り支払い続けて、マイホームを手元に残せます。

例3)リフォームローン(太陽光発電のローンやオール電化のローン)は任意整理から除外して、不安なく家に住めます。

例4)親や親戚など迷惑をかけられない保証人がいる借金は任意整理から除外して、安心して手続できます。

・自己破産や民事再生と異なり、書類などを集めていただく手間がかかりません。

・自己破産や民事再生と異なり、官報という公的な書面に住所と名前が公開されません。

・自己破産や異なり、仕事上必要な資格が制限されることはありません。

・長い期間借入と返済を繰り返している場合は、過払い金が見つかることがあります。

過払い金返還請求は完済から10年経過するとできなくなります。
任意整理をするにあたって、過払い金があると今後の返済が楽になります。
お早めにご相談頂き、過払い金返還請求権の消滅時効を防ぎましょう。

任意整理のデメリット

・新しく借入をすることが難しくなります。

信用情報機関への掲載いわゆる「ブラックリストに載る」ことになるので、7年程度の間、新規借入をすることができなくなります。

・利息の再計算後の金額は全額支払います。

民事再生のお手続きのような大幅な減額はできません。

 

任意整理コラムへ戻る
Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.