TOP > お知らせ > 清算価値保障原則

お知らせ

清算価値保障原則

清算価値保障原則

 

自己破産の場合と違って、民事再生の場合は民事再生手続の中では財産は処分されません。

したがって、財産は持ち続けることができます。

しかし、ひとつ前の項目で計算した「民事再生をすると今後支払う額」よりも高額の財産をお持ちの場合は、その資産と同額を3年間(特例で5年間まで延長できます。)で分割弁済していくことになります。

これを清算価値保障原則と呼んでいます。

ちょっとわかりにくいので、具体例でご説明致します。

例えば、負債の総額が500万円で、査定を取ると120万円の価値がある自動車をお持ちの場合

負債の総額の5分の1=100万円・・・①

資産(車)の額120万円・・・②

①と②を比べると資産の額の方が大きいので、資産の額120万円を3年間で分割弁済するというわけです。
(月額約3万4000円)

3年間で120万円を払いきると、残りの負債(500万円-120万円=380万円)は免除されます。

ではどんなものが資産として扱われるのでしょうか。

当事務所のこれまでの経験で、資産扱いされたものを一覧にしてみました。

ご相談前の参考にして頂ければと思いますが、あなたの場合にも資産扱いされるかどうかは、書面等を確認する必要がありますので、詳しくは面談にお越し頂いた際にご心配なことをお話頂ければと思います。

 

資産扱いされても、資産の合計が100万円を超えなければ、民事再生手続上は特に問題ありませんし、資産の合計が100万円を超えたとしても(例えば上記例のように120万円だとしても)、その金額を36で割った数字から60で割った数字を毎月の収入の中から支払うことができればこれも問題になりません。

 

ご相談前に下記のような資産の金額が確定している必要もありませんので、安心してご相談下さい。

 

・資産扱いされたもの

 

・民事再生の申立をする方が契約者になっている生命保険、学資保険の解約返戻金

 

解約返戻金の金額は、保険会社さんに連絡をすると教えてもらえます。
契約者が親御様や配偶者の方である場合は資産とは扱われません。

 

・民事再生の申立をする方が所有者である自動車

 

自動車の価値は中古車販売店などで査定を取ってもらいましょう。
所有者が親御様や配偶者の方である場合は資産とは扱われません。

 

・敷金

 

賃貸住宅にお住まいの方は、大家さんに預けてある敷金が資産扱いされます。

 

・退職金の8分の1相当額

 

大きな企業に長年勤めている方は就業規則などで退職金の金額を確認しましょう。

あくまで、「仮に」「今」退職した場合に支給される退職金の金額を8で割った数字が民事再生手続で資産扱いされます。
当然ですが、お仕事を辞める必要はありません。

 

・持ち家(持ち家の市場価格-住宅ローンの残高が資産扱いされます)

 

マイホームの価値は不動産業者さんに査定を取ってもらいます。

当事務所では、お付き合いのある不動産業者様に無料で査定書の作成をして頂いておりますので安心してお申し付け下さい。

マイホームは査定額全てが資産扱いされるわけではなく、マイホームの査定額から住宅ローンの残高を差し引いた金額が資産扱いされます。

例えば、査定額1800万円のマイホームにお住まいで、住宅ローンの残高が2300万円であれば、民事再生のお手続においては、マイホームは資産にカウントしなくて良いということになります。

 

・会社で積み立てている財形貯蓄

Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.