TOP > お知らせ > 個人再生相談事例

お知らせ

個人再生相談事例

民事再生(個人再生)の相談事例をまとめました。

あなたと同じような悩みを抱えて債務整理のご相談にお越し頂いた方の解決の先例です。

ご自身の現在の借入状況や生活状況と照らし合わせてご相談前の不安解消の一助となれば幸いです。

 

Aさんの事例 ご相談前の負債300万円を「合計100万円、毎月2万8000円の無利息分割弁済」へ

Aさんは消費者金融(プロミス)や信販会社(アプラス、クレディセゾン)5社から300万円の借入がある状況で債務整理のご相談にお越しいただきました。
Aさんは任意整理を念頭において、ご相談にいらしたのですが、司法書士が借入内容をお伺いしたところ、信販会社の利息が低めのキャッシングとショッピングが借入の大半を占めており、利息の再計算をしても、大きく総債務が減らないとご説明を致しました。
任意整理では300万円を返そうとすると、36回では毎月8万4000円、60回でも毎月5万円になり、これではAさんの毎月の返済はそれほど楽にはなりません。
そこで、民事再生のご説明をしたところ、毎月3万円ほどであれば無理なく3年間払えそうだし、2回くらいであれば平日の昼間に半休で仕事を休むことも可能とのことでしたので、民事再生のお手続きを進めることにしました。
民事再生手続も滞りなく終了し、Aさんは毎月無理なく返済を続けていらっしゃいます。

Bさんの事例 住宅ローン2600万円とカードローン500万円を
「住宅ローンは今まで通りの支払い、カードローンは合計100万円を毎月2万8000円の無利息分割弁済」へ

Bさんは5年前に購入したマイホームの住宅ローンを支払いながら、家族と一緒に暮らしていましたが、友人の勧めで貯蓄をしようと思い、FXに手を出したところ、失敗してしまい、短期間で一気に消費者金融(アコム、モビット、武富士)や信販会社(オリエントコーポレーション【オリコ】)など6社から500万円の借金して、その穴を埋めました。その後数ヶ月間はなんとか貯蓄を切り崩して返済をしていましたが、これ以上の返済は厳しくなってきたところで債務整理のご相談にいらっしゃいました。
Bさんは、自分の失敗で作った借金のためにマイホームを失ってしまうのは家族に申し訳ないと仰り、なんとかマイホームだけは残したいというご希望でしたので、民事再生手続をお勧めしたところ、「住宅を残してカードローンが大幅に減るなんていいんですか?」と仰りながら契約書にサインをして頂きました。
その後も元来生真面目なBさんは、お手続きに必要な書類もすぐに集めて下さり、非常に早いペースで手続を終えることができました。
人生に一度の買い物であるマイホームを残せることができてほっとしたBさんは、これからは毎月貯金をするよと仰って事務所を後にされました。

Cさんの事例 ご相談前の負債1800万円が「合計300万円を毎月5万円の5年間無利息分割弁済」へ

Cさんは、大企業に勤務されているために、収入も多く、交際費の支出も多い生活を続けていたところ、一時的に交際費が足りないときに、使いやすい消費者金融(新生フィナンシャル【レイク】、アイフル)や信販会社(セディナ(OMC)、エポスカード、ビューカード)でお金を借りて使っていたら、どんどん借入残高が多くなり、最後は10社1800万円になっていました。
これはなんとかしなければいけないと思い立ったところで、Cさんは初回相談にいらっしゃいました。大企業に長くお勤めで、退職金の金額も多くなっていたことや、Cさんの自己破産は避けたいという強いご希望もあり、民事再生手続をすることになりました。
ただし、利息の再計算をしても1500万円超の負債が残ったために、民事再生をしても支払額は総額300万円になりました。さすがのCさんでもこれを36回で毎月84000円ずつ返済するのは少し不安だ、ということで再生委員の先生や裁判所に事情を説明する上申書を提出し、民事再生手続では特例扱いとなる5年間の分割弁済とさせていただきました。
毎月20万円以上の借金を借りて返しての繰り返しという生活を送っていたCさんですが、今では毎月5万円を毎月計画的に返済しています。

Dさんの事例 全部ギャンブルで作った借金でも民事再生で無理なく返済することができました。

Dさんは、毎日のようにパチンコやスロットに散財し、軍資金が足りなくなるとATMに駆け込むという生活をしていました。預金がなくなると今度は消費者金融(武富士、アコム、プロミス)からお金を借りて軍資金に充てており、勝ったときに一括で返済をするので、業者には優良顧客と扱われたのか、どんどん限度額が上がっていきました。
ところが、貸金業法の改正が決まった途端に借入ができなくなり、軍資金も返済に充てるお金も無くなってしまい、債務整理の初回相談にいらっしゃいました。
相談時の負債総額は400万円程で、利息の再計算をしても負債は200万円までしか減りませんでした。
Dさんと相談した結果、任意整理でこの金額を支払うのは難しいし、自己破産は避けたいということになり、民事再生を選択しました。
再生委員の先生に、やんわりと「もうギャンブルはやめようね」と諭されたDさんは無事に再生手続を終えて今では収入の範囲内での生活をしています。

Eさんの事例 学資保険を守ってカードローンを大幅減額できました。

Eさんは、お子さんが生まれた時にお子さんのために学資保険に入っていました、お子さんは現在中学生で、保険加入期間は10年を超えています。
保険会社に問い合わせをしたところ、今、保険を解約すると130万円の解約返戻金が出るらしいとのことでした。
一方、Eさんの負債は信販会社(オリックス・クレジット、ジェーシービー【JCB】)を中心に8社で500万円です。
どうしても学資保険だけは守りたいEさんは、相談にお越しになったときに、司法書士の「ご相談にあたって、何か最初に聞いておきたいことはありませんか?」の質問に真っ先に学資保険のことを質問されました。
民事再生であれば、学資保険を解約することなく、負債も大幅減額になることを知ったEさんは、少し厳しい再生委員の先生に当たったにも関わらず、精力的にお手続きに協力して下さり、滞りなく民事再生のお手続きを終了することができました。

 

個人再生コラムへ戻る
Copyright © エール立川司法書士事務所 All rights reserved.